ライブチャットを自宅でやろうと思うのだけど何が必要なの?

ライブチャットを自宅でやる場合、どんな準備が必要? - ライブチャットを自宅でやろうと思うのだけど何が必要なの?

ライブチャットを自宅でやろうと思うのだけど何が必要なの?

自宅で気軽に仕事ができる在宅でのライブチャットですが、始めるためには何が必要なのでしょうか?
スムーズに仕事が始められるように、必要なものをまとめました!

パソコン

パソコンはデスクトップでもノートパソコンでもどちらでもかまいません。
よっぽど古いタイプのものでなければ何でも大丈夫です。
登録するライブチャットのサイトによってはスマホ対応のところもあります。

インターネット

リアルタイムで映像を配信するため、インターネットをつなぐ必要があります。
ただ、イーモバイルやWiMAXはNGを出されてしまうサイトも多いため避けたほうがいいと思われます。
ひかり回線・ADSL・ケーブルテレビだと確実です。
スマホでのライブチャットの場合は上記でなくとも普段使用しているネット回線で大丈夫です。

WEBカメラ

カメラ内臓のパソコンであれば必ず必要というわけではありませんが、アングルを変えたい時などに内臓カメラだと難しいので、WEBカメラがあった方が便利です。
あと、動画の画質がいい方が男性には喜ばれますので、300万画素くらいはあるものがおすすめです。
ネットや家電量販店でも、安いものは3000円台で手に入ります。
ライブチャットのサイトによってはWEBカメラが無料借り出しされているところもありますし、自分で購入した金額がキャッシュバックされるところもあります。
ただキャッシュバック金額は5000円など上限があったりしますので、登録する際に求人サイトでしっかり確認をしましょう。

マイク

マイクはカメラに内蔵されているものもありますし、ヘッドセット付きのWEBカメラというものも販売されています。
絶対ヘッドセットじゃなきゃいけないというわけではありませんが、内臓のものを使うよりヘッドセットの方が小さな吐息なども漏らさずキャッチして男性に喜ばれるのでおすすめです。

照明

これも無ければいけないわけではないですが、暗くて顔が見えにくかったりすると稼ぎにくいです。
どんなに安いものでもいいので、チャットする時用のライトで顔を明るく照らした方が男性からの反応がよくなります。

女性らしい服装

いくら在宅だからと言って、色気も何もない寝巻きのままの出演は好感がもたれません。
男性側はお金を支払っていますので、それなりの女性らしい服装で迎えてあげましょう。

身分証明書

ライブチャットサイトに登録する際に必要です。
写メでとったファイルを送るか、スキャナーでスキャンしたデータをサイトに送ります。
顔写真付きの必要があるので、運転免許証・パスポートや顔写真つきのマイカード・住民基本台帳カード・学生証などを用意しましょう。
どうしても顔写真付きの身分証明書がないという方は、住民票とその他の身分証明書の2種類提出でOKが出るところもありますので、サイトに確認してみてください。

銀行口座

ライブチャットの報酬は銀行振り込みになるので、銀行口座登録をしなくてはなりません。
口座を持っていない方は開設が必要です。

圧倒的に稼げるのは在宅のチャットレディ!

grea通勤型もありますが、それよりはるかに稼げるのは在宅型です。
通勤時間もなく24時間体制であいた時間にいつでも受付が可能なこともありますし、通勤型だと事務所には中間マージンが取られてしまったりするからです。
初期投資とは言っても、自宅にパソコンやネット回線がすでにあれば、WEBカメラの3000円程度です。
パソコンやWEBカメラをしっかり備えても十分元がとれるので、この機会に機材を揃えてチャレンジしてみてはいかがでしょうか?